暗号通貨中毒って知ってますか? 休むも相場。長期的な視点で考えましょう。

こんにちは、カピバラです!!

私は株式投資もやっていますが、暗号通貨投資は株式投資よりもずっとずっと疲れます。

まず、暗号通貨は株と違って、365日24時間取引できるので、心休まる日がありません。基本的に市場が開いている時間だけ気にすれば十分な株とは大違いです。

ブロックチェーン、ICO、ハードフォーク、トークン経済… 新しい知識と情報を常に仕入れないといけません。新しい技術を一般の人より早く勉強できるのは楽しい!!ですが、勉強することが多すぎて大変でもあります。

朝起きてもまずは相場の確認。通勤中も相場の確認。昼休みも同僚に隠れて相場の確認。夜も寝る直前までスマホをいじって相場の確認。

長期保有でガチホを理想としていますが、買い増し機会を伺って相場が気になってしまうのです。また保持していないコインが上がっていると、買っとけばよかったと後悔。。。

買ったコインが値上がりすればニヤニヤ、売り払ったコインが値上がりすればモヤモヤ。

だんだん心身が疲弊していきます。。。

こんな症状が出ていたら、あなたは立派な暗号通貨中毒です!!

勿論、虎の子のお金が絡むことなので気になってしまうのは仕方ないです。そんな時の対処法を考えてみましょう。

「休むも相場なり」という株の格言があります。

機関投資家はどんな相場でも市場で利益を上げる必要があるので、株式市場が開いている間は常にトレードしなければなりません。

一方で私たち兼業投資家は休むことができるのが特権です。別にトレードする必要はないのです。寝てても、気絶してても良いわけです。

暗号通貨でも同じです。暗号通貨はボラティリティが非常大きい上に、歴史が浅いせいかファンダメンタル分析やテクニカル分析もほぼ意味をなしません。なので四六時中チャートをチェックしていたら体が参ってしまいます。

ビットコインなんて10分間に平気で数万円値動きすることのあります。株式じゃほとんどありえないことです。

自分が暗号通貨中毒だと感じた時は、小さな上げ下げは気にせず、数時間に一回、もしくは1日一回位のチェック頻度にしてみましょう。だいぶ気が楽になります。

長期的に見れば、上昇相場なので持って気絶しておけば良いわけです。

どんな市場でもそうですが、底値と高値をぴったり当てることなんて不可能です。長期的に見て大まかな流れを予想して暗号通貨投資を楽しみましょう!!

アルトコインの取引はChangellyがオススメです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする