匿名系暗号通貨3兄弟の将来。規制の時代に生き延びるのは難しいか!? 若しくはその特性を活かすか!?

こんにちは、カピバラです!! 暗号通貨やってますか??

匿名系暗号通貨の3兄弟と呼ばれるジーキャッシュ(ZCAHS)、モネロ(Monero)、ダッシュ(Dash)の今後について考えてみましょう。

まず、これらの通貨の特徴について簡単に復習しておきます。

まずジーキャッシュですが、2016年10月にリリースされたまだ若い通貨です。若い割に、高い値で取引されているところに将来性を期待されいることが伺い知れます。

大手銀行JPモルガンとの提携が大きな話題となった仮想通貨になります。「ゼロ知識証明」と言われる「匿名性」の機能を持つ通貨で、取引時にその情報を非公開でやり取りができるのが特徴です。

ZCASHの特徴は、ゼロ知識証明を用いてブロックチェーン内の通貨の取引を暗号化する「高い匿名性です。
匿名性のメリットは、資産のやり取りを第3者に明かすことなく行えること。

ZCASHは、ゼロ知識証明を使った初めての本格的な仮想通貨として期待されています。

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることがZCASHとビットコインとの大きな違いです。正当性を証明するために、ゼロ知識証明が採用されています。

ビットコインで採用されているブロックチェーンは、高い匿名性と信頼性を実現したシステムです。
しかし、ビットコインは仮名性で取引を追跡できることから、完全な匿名性とは言えません。

ZCASHは、取引を追跡できない完全な匿名性を実現した仮想通貨です。
ブロックチェーンに加え、各取引の仮想通貨の量、送信者、受信者を非公開にした状態で送金処理が可能になりました。

ブロックチェーンシステムを利用する仮想通貨の取引では、仮想通貨の所有という事実を証明する秘密鍵情報を使用し取引が行われます。
ZCASHはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済を可能にし、取引の追跡を不可能にする仕組みです。

コインチェック

次にモネロですが、これも

Monero(モネロ)は、エスペラント語で、「コイン」「硬貨」という意味を持つ仮想通貨(アルトコイン)の一種です。

Bitcoinのソースコードを元にしておらず、CryptoNoteプロトコルに基づくオープンソースのProof of Work(送金の認証方法)を使用しています。CryptoNightは匿名性に特化しており、Bitcoinよりも匿名性が強いことが特徴です。

Moneroは、CryptoNightを採用している「Bytecoin」というコインのソースコードを元にしています。

Moneroのアドレスは「閲覧用」と「送金用」の二つの秘密鍵から生成されており、非常に長いという特徴があります。

アドレスはマスターキーのような役割を果たし、送金を行うたびにマスターキーがランダムなワンタイムアドレスを生成します。

送金の際はワンタイムアドレス宛にコインを送信するため、第三者がマスターキーとなるアドレスを見ても、取引履歴を確認することができません。「閲覧用」の秘密鍵を公開することで取引履歴のみを外部に公開することができます。

コインチェック

最後はダッシュです。ダッシュは2014年に公開され、「秘匿性の高さ」と「即時取引(承認)」に優れた特徴をもっています。以前はダークコイン(Darkcoin)と呼ばれていましたが、さすがに印象が良くない名前だということで改名されました。

ダッシュは3兄弟の中で最も実用化が進んでいる通貨でもあります。ダッシュの決済スピードは日常的な手段として用いるレベルにまで向上していて、ダッシュコインで支払いができる、自動販売機までもが登場しています。

DASHはコインミキシングという手法を用いた「Darksend」と呼ばれるトランザクション形式を採用しています。

通貨が送受信される際に経由する管理ノードにより複数の依頼がシャッフル(ミキシング)されるため、誰のコインが誰に渡るのかといった情報が分からないのが特徴です。

また、DASHでは「InstantX」と呼ばれる機能の導入により、即時取引が可能となりました。InstantXでは分散されているノードから承認用のノードを選出し、選出したノードに承認作業を一任することで承認作業の高速化を実現しています。

ビットコインの承認が10分かかるのに対し、DASHでは数秒〜数十秒程度だと言われています。

コインチェック

さて、タイトルにある通り、匿名性コインの将来性はどうでしょうか?以下は個人的な意見であることを注意しておきます。

まず、取引の匿名性はビットコインの弱点としてずっと問題になってきました。なので匿名性を確保した通貨はビットコインよりも優れていると考えられます。実際匿名性が大きな売りであった上記の通貨は発行以来、値段の大幅な上昇が見られます。

一方で、匿名性が高いという事実は企業と顧客の取引だけでなく、犯罪に使われる可能性も高まるということです。

以前、ビットコインを使った詐欺事件で警察は犯行グループを特定することができましたが、そのようなことは匿名性通貨では不可能でしょう。

北朝鮮や薬物のオンライン市場のような例もあります(参考: 北朝鮮への制裁は将軍様の暗号通貨への興味を一層高めることへ!? 政治と暗号通貨について考える。)

今まで世界各国の政府は暗号通貨について特段の関心を払っていなかったと言える状況だったのですが、最近それが大きく変化してきています。暗号通貨元年である今年から、規制が厳しくなったように感じます。実際、ニューヨーク州の金融規制局の規制通達や中国のICO禁止など枚挙に暇がありません。

私が懸念しているのは、匿名性系暗号通貨は特に規制の対象になりやすいのではないかということです。規制が入るということはその暗号通貨の普及が阻害されるということでもあります。これは悪材料です。

私のポジションを公開すると、匿名系暗号通貨ジーキャッシュ、モネロ、ダッシュをその将来性に期待して保有していたのですが、先日全てリスクに替えてしまいました。リスクはまだ非常に若い通貨であると同時に、今後実用化に向けて良い材料が出てくると期待しているからです。

これからの暗号通貨の将来を考えた時に、多くの人が実際に”使える”暗号通貨が普及するのだと最近考え始めています。そういう意味でビットコイン、イーサリアムは明るい未来が約束されているように感じます。実際、多くの人が注目をしてます。

一方で、実用化の目処が立っているにもかかわらず、価値が適正に評価されていない通貨がリスクに見えました。去年発行されたばかりで、まだ伸び代が大きいと期待している面もあります。

私の決断が正しいかどうかはわかりません。皆さんに勧めることもしません。匿名系暗号通貨が規制の時代に生き延びるのは難しいのでは!?という意見を私は持ってます。

勿論、その特性を活かせる産業が現われて、匿名系暗号通貨がずっと伸びて行く可能性もあります。全ては実用化される道があるかどうかなのです。

自分なり保有している/購入予定の暗号通貨を調べて、その将来性を予想してポートフォリオを組むことも暗号通貨投資の楽しみの一つですね。

アルトコインの取引はChangellyがオススメです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin 

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする