アメリカ市場の暴落を受けて2019/8/6

日経平均20,585.31(-134.98), TOPIX1,499.23(-6.65)

中国がアメリカからの農産物を一時輸入停止すると報復処置に打って出た。
制裁と報復、その報復に激怒したトランプ大統領が更なる追加制裁とその報復と言った地獄の泥沼ループが延々と続いている。
米中貿易摩擦問題でいつまでも世界同時暴落が繰り返されている。

貿易摩擦問題の先行きの不透明さから昨晩のアメリカ市場の暴落(ダウ25,717.74(-767.27))。
これを受けて、日本市場は暴落で始まる。
日経は前場で一時-600円安だったが、時間とともに落ち着きを取り戻して、寄り底を形成。

寄り底だったので、寄りで大きく買えなかったのは悔しいが、仕方ない。
オリックス、JT、三菱商事を損だしクロス。割安だったので、さらにそれぞれ単元だけ買い増し。
JTは目標の1000株仕入れたので満足。
獲得予定リストに入れておいた、三協フロンティア、東海カーボンを新規購入。

配当日が遠い銘柄は早めに利確損切りをするべきだった。
含み損が半端ないヤマハ発、マブチモーターが良い例。

CPは20%を割ってしまったが、もう一段落もありうるので、コツコツ買い増し中。

取引高は2兆6千万の比較的大商い。
騰落レシオ 84.05

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする