方向感の乏しい相場2019/9/24

日経平均22,098.84(+19.75),TOPIX1,622.94(+6.71)

先週末のPTSで大きく売られ、暴落暴落沢がれていた三菱商事は蓋を開けてみれば-15円程度。
山揺れてネズミ一匹とはまさにこのこと.下で手ぐすね引いて買い待ちしていた人はガッカリだろう。

ドイツのPMI速報値は予想44.0に対して、結果41.4と予想を下回る。
これは2009年7月以来およそ10年ぶりの低水準で、ドイツの製造業が危機的状況に陥っていることを示している。
米中貿易戦争やブリグジットに関する不確実性を意識しているようだ。
一方で、ダウは方向感の乏しい相場でプラスで引け、日経もそれを引き継ぐ感じで小幅高。
9月末の権利日があと二日と迫っているのでなかなか下げづらい状況が続く。

KYBが短期の目標価格3280円に近づいたのだが、指標を見るとまだ安値圏ではあるので、上げ相場であることも考慮して指値を解除。

その他では三協フロンティアがそれといった理由もなく軟調。業績は良いのにな。千葉の地震と関係あるのだろうか?

SBIネオモバで狙っていたJTは+33.5円で堅調。
3月の優待目当てでダイトウボウをSBIネオモバで1株だけ拾う。

騰落レシオ 139.20

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする