日経平均は上昇もトッピクスは下落2019/10/10

日経平均21,551.98(+95.60),TOPIX1,581.42(-0.28)

前場は米中協議の報道のヘッドラインにアルゴリズムが反応して先物主導で株価が不安定に。
日経平均は一時+140円となるも東証1部の7割が下げているという状況も見けられた。
実際、トッピクスは引けでもマイナスで、値嵩株が上昇した模様。

高値も安値も前場でつけたもの。
後場は前場のレンジ内でヨコヨコも引けで大きく上げる。
マザーズは下げ続けた様子。

個別株では旭化成名誉フェローの吉野先生のノーベル賞受賞を歓迎して旭化成がご祝儀相場。
積水ハウスは流石に下落していたが、後場は戻し歩調で24.5円安(-1.11%)。
保有銘柄は総じて堅調。売買はなし。

東京市場の引け後で、注目のファストリの決算。純利益は5%増で最高益。
増収増配。明日はどう動くか(持ってないけど)。

騰落レシオ 125.94

スポンサーリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする